東海エステ日報

東海エリアのメンズエステ・アジアンエステ情報発信ブログ

台湾エステ【神嬢】現る②

前回のつづき
rajaman.hatenablog.com

さて、暴発寸前の僕を察したさとみは
神的なタイミングで、プレイを中断。

神だ。
f:id:rajaman:20180704153555j:plain

そして、僕の体に着いた泡を優しく洗い流してくれます。

ちなみに、僕は「オイタ」しない人。

エステでのおさわりはリスキーなので基本承認待ちですw

相手の事を思いやる事ができれば万事うまくいく。

そんな事を思っていると、さとみが

「触ッテモ、イイヨ?」
と…。

f:id:rajaman:20180705084247j:plain

「いいですとも!」

ハグする格好で桃を鷲掴みにし、揉みほぐします。
柔らかい「なにか」が全力で僕に押し付けられ、両手は極楽満喫中W

やはり、若くてハリがあり、揉みごこち抜群。

愚息がさとみのお股にはさまれます。

さとみ「オシリ好キ?」
僕「いや、エッチの方が好きかな。」

さとみ「( ; ゜Д゜)・・・?」

f:id:rajaman:20180705084816j:plain

どうやら、日本語が分からなかったみたい
少し変な空気が流れます。

すいません。調子のりました。

f:id:rajaman:20181204132715j:plain

たしかに、まだ始まったばかりだ。

さとみ「ジャ、シャワー終ワリネ~(^.^)」

そう言うと、シャワーを止め体を拭いてくれます。
僕の股間を拭いてくれる際、さとみの顔と愚息との距離が近いw近いw

ちなみに、愚息はずっとスパーキング状態。
f:id:rajaman:20181204133025j:plain

全て拭き終わり、腰にタオルを巻かれ

立派なテントが完成します。

さとみも体を拭きはじめ

僕「拭いてあげるね~♪」

と、鼻の下を全開に伸ばしてさとみの体を拭いてあげます。
柔らかい感触、肌のハリを堪能しながら丁寧に体を拭き上げます。

僕の腰のタオルがハラリと落ち、愚息が(✿✪‿✪。)ノコンチャ。

コラコラコラ(゜゜;)\(--;)

さとみ「オ兄サン、元気ネ~(*^^*)」

と、アジア系エステに行くと必ず言われる言葉ランキング2位にランクインする言葉をかけられつつ

キレイに拭き上げました。

再度、僕の腰にタオルをまかれ、

いざ、施術ルームへ(^-^ゞ

施術ルームは、ピンク色のカーテンに仕切られ、布団が1枚敷かれています。さらにピンク色の照明が香ばしい雰囲気を強調してます。

布団の上には、棒状に丸まった
Tバックタイプのあいつ(紙パンツ)」。

さとみからアイツを履くよう指示され、
少し治まっていた愚息がキッチリもっこりします。

まずはうつ伏せから、タオルを掛けられ指圧が始まります。

腕前は、「中の上」。
まあまあ、気持ちいいレベルです。

たまに絡むストレッチがgood。

体感で20分くらい指圧を受け
僕はリラックスモード突入。

f:id:rajaman:20180705090812j:plain

そして、タオルを剥ぎ取られ、オイル開始。
紙パンツを少し下げられ、半ケツ状態にされます。

今まで、さとみには僕の全てを見られてますが
恥ずかしくなっちゃいます♪(/ω\*)

背中から滑るように、洞穴へ。肩からギアガの大穴へ。脇腹から尻の青の洞窟へ。

終着は決まっているみたいです(。・ω・。)

それにしても
さとみの手のひらがスベスベで本当に気持ち良かった。

やはりエステで、手がスベスベなのは必須条件ですね。

f:id:rajaman:20180705091926j:plain

さらに、時折僕の体に触れる、さとみの体があざとい

そして、始まるフェザータッチ。

鳥肌がゾワゾワっと立ちます。



感。

いよいよ下半身。
紙パンツをグッっと食い込まされ、お尻にオイルをばら蒔かれます。

お尻をまるで、お餅のようにコネコネ。
良いお餅、出来てます。

そこからの「足曲ゲテネ~」

カエル足、キタ━(゚∀゚)━!

さとみの猛攻が始まります。

f:id:rajaman:20180705092322j:plain

正直、僕は過去にこのプレイで果てた事が何回もあります。
これはエステ用語で「暴発」・「誤爆」・と呼ばれセラピストからは忌み嫌われていますね。
すいません。よく躾けておきます。

鼠径部からの愚息への刺激。

んーたまりまへん(+_+)

さらには、尻から鼠径部、からの愚息。

思わず声が漏れちゃいました。

「んはぁああぁ(/o\)」


f:id:rajaman:20181204134007j:plain


で、少しだけなんか出ちゃいました。。。

It happens!
(よくあることさ!)
f:id:rajaman:20181204134106p:plain

さて、ここからも怒涛の攻めは休まる事なく

さとみ「ジャア、四ツン這イネ♪」

31才の男が、ヨロヨロと四つん這いになり
汚い穴を美女にさらけ出します。

この羞恥心こそ、メンエスの醍醐味。

f:id:rajaman:20180705092929j:plain

いつもは、家族や友人などにエラそうな事をいい、

いっちょ前に大人な僕も

今は情けないバンビになって、ハアハア(*´Д`)言ってる

ただのアホ

さとみは、オイルまみれの僕の下半身を容赦なく攻め立てます。

穴→フェザータッチ→玉→鼠径部→シコシコ事故。

そして僕の尻の上にさとみの豊満何かが、ぷよん♪とのっかり、

さようなら
f:id:rajaman:20181204134359j:plain

ええ、それはそれは、ご臨終です。

「あなたが生まれたとき、周りの人は笑ってました。
 あなたが死ぬときは周りの人が泣いてくれるよう、そんな人生を歩みなさい。」

昔、どこかで聞いたことある言葉が聞こえた気がしました。

まあ、最高だったってことです。

そして、さとみは「あらあらW」と言い放ち、優しく僕のDNAを拭き取ってくれます。

本当に良い子だ。

そして、蒸しタオルで優しくオイルを拭き取られ、仰向け。

もし、あの時逝かなかったらどんな事がおきてたのか?

そう思いつつ、お腹と足裏に普通のマッサージを施され、終了。

最後、1人でシャワーを浴び、冷たいウーロン茶を流し込んで帰りました。

なんとなく気になったのが、仰向けのマッサージ辺りから、さとみが急に不愛想になったことです。

もっと、自分のテクニックを披露したかったんでしょう。

f:id:rajaman:20180705093727j:plain

まあ、結果的に言えば大満足でした。

テクニック、セラピストのレベル、演出、全てをとっても大満足です。

しかし、よっぽどのことがない限り再訪はないでしょう。

理由は、「もっと、いろんなエステに逝きたいW」からです。

「世界最高の嬢」とかタイトルにしてみたものの
正しくは「(今までで)最高の嬢」ですね。

そう、僕はこの記事を書いてる間に気づきました。

(きっと、上には上がいるんだろうな。)と。

井の中の蛙大海を知らず ですね。

いつか、さらに極上のセラピストに出会えることを祈りつつ

今日は〇〇って寝ますW

※ランキング参加中です。現在の順位はここからチェック。
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村

Twitterも、やってます( ・`д・´)フォロー・コメント待ってます。
twitter.com

スポンサーリンク
※活動継続の為、こちらのリンクからお買い物して頂けると幸いです。

カテゴリ