東海エステ日報

東海エリアのメンズエステ・アジアンエステ情報発信ブログ

【パート2】1日に4軒メンエスに行った男の話

f:id:rajaman:20180804061905j:plain

前回はこちら

rajaman.hatenablog.com


さて、3軒目はヘルスに決まりそうだ。
友人Aにも疲労の色が見える。

予算もイエローカード突入。
なんだかんだで2人の出費は6万を超えていた。
パチンコで得た収入は2人で10万。

浮いたお金でいけるのは、あと一軒か。

決めるなら、ここしかない。

f:id:rajaman:20180804082534j:plain

ワンクッション

この時点で夜の8時。
見馴れた錦の街。

f:id:rajaman:20180804065126j:plain

金と欲望が渦巻く街。

しかし、居酒屋でダラダラしすぎて時間を浪費してしまった。

ちなみに、僕の酔いどれメーターは70%オーバー。
すでにメンエスどころの話ではない。

70%を超えると、ジッとしてられないのだ。

いろんな意味で。

とりあえず、ワンクッション置くため
セクキャバに行くことにした。

Aは猛反対したが、押さえつける。

皆さんはすでにお気づきかと思うが、力関係は僕の方が上だ。
付き合いが長い分、彼の思考や弱点など知り尽くしている。
彼を押さえ付ける事など、子供を騙すより容易い。

f:id:rajaman:20180804071028j:plain

とりあえず、低予算で入れるセクキャバを探すと行き着く先は「外人キャバ」だ。
オープンして間もないとの事で、破格の3ポキで入れた。※3000円

f:id:rajaman:20180804071430j:plain

が、経験者は分かると思うが
外人キャバはドリンク営業が半端ではない。
とりあえず、女の子にドリンクを与えないとひたすら、せっつかれる。

「なんか飲ませてぇぇえ」

っていいながら、べたべたべたべた。

うっとうしいw

結局、1セットで2万弱使い
僕の酔いどれメーターは50%まで回復した。

3軒目 栄 韓国エス

もはや、浮いたお金は2人で2万強。

ここで決めるしかない。

f:id:rajaman:20180804072320j:plain

で・・・。

路上に座りこみ、近辺のお店を検索した。
時刻は夜10時。
この時間になると、2人で同時に入れるお店を探すのが難しくなる。

とりあえず、
手当たり次第に電話しまくった。

すると、2軒ほどすぐ入れるお店が見つかり
香ばしい雰囲気の韓国エスに行くことにした。

よしっ、ここにいこう(^o^)/

その事をAに告げると

A「また、エステいくの!?」

僕「そうだった、ヘルスに行く予定だった。完全に忘れていたwごめん、ごめんw 」



これは、芝居だ。

元よりヘルスには行きたくなかった。
しかも、お財布事情から言うとヘルスはちと厳しい。もちろん、行けなくはないがパチンコで浮いたお金で遊びに来たのに、そこをオーバーしたら本末転倒。それはない。

それに、早漏体質の僕にとってヘルスは時間を持て余すのだ。

・・・すべて計算!!

f:id:rajaman:20180804072849j:plain

結局、僕の独断と偏見で
韓国エステに決まった。

お店に移動すると
ビルのワンフロアで看板がバシッと出ている。

お婆さんが出てきた。

f:id:rajaman:20180804073158j:plain

僕とAはヤバい雰囲気に襲われた。

f:id:rajaman:20180804084305j:plain

僕はトイレへ行き
戻ってくるとそこにAの姿がなかった。
先に案内されたのだ。

すると、お婆さんから40分待ちを伝えられた。

話が違うじゃないか。

しょうがない・・・出るか。

近くのガールズバーで待つこと1セットの終わり頃。
Aから着信。

・・・早くない???

まだ1時間くらいしか経っていない。
彼が入ったのは90分コース。

しかし、タイミング的にはバッチリだ。

近くの串カツ屋で落ち合う事にし、先にモヤっとした顔のAが居た。

Aの話を要約
①出るんだったら教えろ
②砂かけババアに抜かれた
③最悪だった

以上。

残念ながら、時短には気づいていない。

時間は深夜12時。
夜も更けてきた。そろそろ帰宅ムードだ。

しかし、僕はまだMANZOKUしていない。

Aよ。あと一軒付き合ってもらうぞ。

ラスト 金山 中国エス

Aの愚痴を聞きながら、僕はエステ店を検索した。
刺さったのは金山の中国エステ。
【水着洗体エステ】。

電話すると、2人すぐに行けるとの事。

Aは烈火の如く反対。

f:id:rajaman:20180804074009g:plain

もう行かない!
お前1人で行け!!
お金がない!!!
つかれた!!!!
もうたくさんだっ!!!!!!!!!

落ち着け、Aよ。
しかし、彼を納得させる作戦があった。

君は入らなくていい!
しかし、申し訳ないが連れて行ってくれ!!
パチンコで勝ったお金は共有して使っていた!!!

僕より2回も多くエステ行ったくせに!!!!

【とりあえず現地まで一緒に行けば入るだろう作戦】

Aはしぶしぶ納得した。

結局、ガールズバー・串カツ屋の支払いで残金は数千円となった。
ラストは手出しで行くしかないが仕方ない。

行き先は金山駅周辺。現在地から車で15分かからない。

僕達は、移動しようとコインパーキングに止めてある車へ向かった。

精算しようとするも
約12時間の駐車料金が6千円強

はあ???( ̄□ ̄;)

ここで、浮いたお金はパー。
むしろ、微妙にマイナス。

すごい気持ちになったのはお察しで。

f:id:rajaman:20180727031713j:plain

そして、移動しお店に到着。
マンションタイプだ。

ここで、Aは車待機を主張してきた。
さてさて、僕の大事な友達を車待機などさせるはずもない。
いっしょに楽しもう。

そして、伝説を創ろうよ。

またしても、交渉(バトル)がはじまる。

f:id:rajaman:20180804080005p:plain

約10分の闘いの末、勝利した。

プレイ内容を過剰に伝えた事が決め手だった。

結局、この男は単純だ。

そして、2人で突入。

受付嬢はムチムチ熟女。

ママに筆おろしって感じだ。

愛想もまあまあ。

料金を支払い、僕はママと共にプレイルームへと入った。

よしっ(´ω`)

心の中でガッツポーズを決め、Aと別れた。

マッサージ、オイルは普通。
スペシャルは、攻めの(*^ー゚)b グッジョブ!!

満足出来た。

施術が終わったあと、待合室でAを待った。

そして、彼は目を真っ赤にして現れた。

妖怪と共に。

おそらく、彼は寝ていたんだろう。

何があったかは聞かなかったし
Aも、何も話さなかった。

エピローグ

結局、

Aは4軒・僕は2軒のエステへ行った。
Aはとことん最悪だったが僕はまあまあ楽しめた。

まあ、そんな事どうでもいい。

ここに、1つの伝説が誕生したのだ。

帰りの車中、Aを讃えた。

君はすごい。
自分の意思ではないものの、1日に4軒のエステは伝説だよ。
浮いたお金とは言え、身銭をきって1日に4軒もエステへ行く人なんているの?


あっ、ここにいた( ̄□ ̄;)!!

Aは何も言わなかった。

その後、Aとメンエスに行くたびにこの話をする。

「そういえば、1日に4軒エステ行ったよね?」

Aは言う。

「無駄遣いした。」

って。

以上(*´・ω・`)b。


※ランキング参加中です。現在の順位はここからチェック。
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村

Twitterも、やってます( ・`д・´)フォロー・コメント待ってます。
twitter.com

スポンサーリンク
※活動継続の為、こちらのリンクからお買い物して頂けると幸いです。

カテゴリ