東海エステ日報

東海エリアのメンズエステ・アジアンエステ情報発信ブログ

【名古屋メンズエステ】Number9ナンバーナイン~これが理想と現実。リアルはいつだって残酷なのさ~【★★★】

どうも、ラジャです。

いよいよ、今年も終わる。それが意味するところ、僕の2019年の軌跡をまとめる必要があるという事。

すなわち、決めなければならない。

NO1を・・・。
f:id:rajaman:20191123115845j:plain

たしか、2018年はまとめなかった。
特に理由はない。よくあるただの惰性。まとめとこうかなー、どうしようかなーって考えながら春が訪れアポロビルって感じだった。

しかし、今年はやるよ・・・!

僕が2019年に凸したお店をランキング形式でまとめようと考えている。

だからこそ、今回で日本人メンズエステへの凸は一旦打ちきりとする。このお店を最後に、今年の残り期間はアジアンエステへの凸をメインとしていく所存だ。

よって、今回が今年最後のラスト日本人メンズエステになるだろう。


これで、終わりにしよう・・・!

お店

f:id:rajaman:20191123120115p:plain

Number9〜ナンバーナイン

【場所】愛知県東区泉

【ジャンル】日本人メンズエステ

【コース】ベーシックコース 90分

【料金】13000円

【セラピスト】〇〇さん


最近、僕の流れはエロへ傾倒していた。前回の凸で、その流れは打破したはず。
f:id:rajaman:20191123120659j:plain

よって、このお店に対する期待感は高騰していた。

そういう流れだから。
f:id:rajaman:20191123121416p:plain

今回めちゃくちゃ厳選している。数多のメンズエステのHPをチェックし、バチコンなセラピストをチョイス。

だからこそのキッチリ指名。

お値段的にも満足だ。そしてなにより、予約電話の対応が秀逸。物腰柔らかい受付兄さんに、ついつい気を許してしまったのはリアルな話。

もう、凸前から確信していた。

おそらく、ランキング上位にくい込んでくる良店だろうと。

だからこそのレインボーマウンテン。

f:id:rajaman:20191123121922j:plain

虹色とは、ある特定のジャンルにおいて縁起がよい色だ。安心感と興奮を同時に与えてくれる。それすなわち、感動というやつ。

寒空の下、予約時間までお店マンションの近くを散歩してみる。

おそらく、これが今年最後のラジャ散歩。

f:id:rajaman:20191123123801j:plain

f:id:rajaman:20191123122123j:plain

f:id:rajaman:20191123122133j:plain

f:id:rajaman:20191123122144j:plain




いや、なんもねえ・・・。


10分くらい散歩して挫折。

実際、こんな寒い日にキンキンのレインボーマウンテン飲みながら散歩するなんてキツすぎる。

と、いうことで車に戻りボンヤリと約束の時を待つ。


相変わらずですね。


これが僕でありラジャである。


そして、約束の時。

そのマンションに到着。入り口のインターホンを鳴らすと、無言からの自動扉開放。

・・・。

まだだ。まだダメそうだな、などと思ってはいけない。たまたまかもしれないじゃないか。

エレベーターに乗り込み、祈る。

f:id:rajaman:20191123123727j:plain

自身の運命は、すでに決まっている。もはや、抗うことなどできない。だからこその、祈り。

おそらく、この時間。部屋で待っているセラピストも祈っていることだろう。

フリークスとセラピストの祈り。それは見事にシンクロし、運命だけが結末を知っている。

そして、お店が入っている部屋の前に到着。インターホンを鳴らすと、すぐに扉が開く。


あなたは・・・?

セラピスト ★★☆☆☆

f:id:rajaman:20191123123941p:plain

今回、キッチリと指名凸している。だからこそのファーストコンタクト時の衝撃である。

キミは、誰だい?

HPのセラピスト写真。そこには願望と理想が盛りに盛られていることは承知だ。所詮はイメージということ。だからこそ、全然違うじゃないか!と腹を立てるのはナンセンス。

しかし、今回はあえて言わせてもらおう。


別人やないかい!w


最近、こんな事があった。
藤一というラーメン屋にいった時。メニュー表の写真を見ながら、適当なラーメンをチョイス。その写真には、チャーシューが3枚バチッと乗っていた。

しかし、これがリアル。

f:id:rajaman:20191123124336j:plain

1枚・・・。


そんな感じ・・・!

しかし、実際問題。今回のセラピストさんが一番の被害者だと思う。彼女のHP上の写真と実物を比較すると、誰しもが驚き、藤一のラーメンと出会ったようなモヤッとした気持ちになる。

そんなモヤッとした気持ちを毎回ぶつけられているであろう彼女。

本当に可哀想だよ。

せめて、せめてもうちょい寄せてあげてよ・・・。


実際、面はお世辞にも良いとはいえない。スタイルは細身であるものの、そこには色気というものがない。
まあ、ここはタイプの問題だがこの辺もイメージとはかけ離れすぎててモヤモヤするのはリアル。

もっとあったじゃん・・・!
おっぱい・・・!

対応は丁寧。礼儀正しく、一歩引いたような謙虚さが滲み出ていた。そんなひたむきに真面目に頑張る彼女ゆえに、僕の心は痛みを覚えた。

悪い大人がいるもんだよ・・・。
f:id:rajaman:20191123124618j:plain

実際、彼女があの写真の事を知っているかどうかは分からない。もし知っていたとしても、フリークスの気持ちをドン底に叩き落としているリアルには気付いていないだろう。

いたたまれない。

そんな気持ちでシャワーへ。

施術前シャワー

f:id:rajaman:20191123124701p:plain

服を着たまま、お風呂場へ案内される。脱衣場での脱ぎ脱ぎスタイル。

スポンジ、ここにあります。

 

そう言って彼女は退出。

スポンジの存在は理解したが・・・

アイツは・・・?
そう、相棒がどこにいるのか分からない。

香ばしい・・・。

シャワーはセルフ。自分で出すスタイル。
シャワー出してくれないから、ダメだなんて思わない。

これまでにあったいろんな事を加味して言わせてくれ。

ダメそうだな・・・!
f:id:rajaman:20191123124857j:plain

排水溝に溜まった毛を眺めつつ、真摯にそう思った。

こういうとこだよね。そのお店やセラピストのレベルが計れるのは。掃除もロクに出来ず、癒し空間とか謳えるその感覚がナンセンスだ。

他人の陰毛を見ながら癒されるわけがない。

このシャワーで、僕は覚悟を決めた。

ここで今年最後はアカン。
おそらく施術もそれ相当だろう。ここは僕にモヤモヤだけを残す。だからこそー。

ここで、ラストはないわー。

指圧マッサージ ★★★★☆

f:id:rajaman:20191123125234j:plain

シャワーを浴び、裸全に腰巻きで施術部屋へ。

うつ伏せになってください。

この流れ。やはり相棒は存在しない。もはや、不摂生を確信。しかしながらこの流れは本当によくない。

結局、そういう流れなのかい・・・?

そんな気持ちが脳裏をよぎった。

うつ伏せになり、タオルを全身にかけられセラピスト騎乗スタイル。初手は背中から。

グイ・・・っ!



その初手。かなりの豪腕。痛いくらいのツネり。全体重をのせた圧力。

いい。気持ちいい。

どことなく、アジアンエステの指圧に近い。そのゴリゴリでパワフルなマッサージが僕にベストマッチするのは必然。

これは、嬉しい予想外。

ダメなはずだったんだ。なにもかもが。しかし、いい意味での裏切り。意外性というやつか。
牛のように涎を垂らしながら、その強烈な指圧をただただ楽しんだ。

背中から脚へ流れる。その剛腕。

淀みないその動き。そしてなにより、彼女の一生懸命さが伝わるその手つき。ベストを尽くしてくれている。そんな気がした。

遊びで買った456BOX。それがサクッと刺さったような心境。

こんなこともある。

うつ伏せオイル ★★☆☆☆

f:id:rajaman:20191123125607p:plain

タオルを剥がされ、僕のプリティーなおケツが露になる。オイルの初手は片足から。

やはり、力加減は強め。

しかし、その単調さにそっこうで飽きる。

ひたすら同じ動きを繰り返すマッサージ。もはや指圧の時に生まれた称賛は影を潜めた。

これにより、理解した。
f:id:rajaman:20191123125742j:plain

彼女な指圧の天才。そこに特化した施術スタイル。よって、それ以降の施術は幾分ガッカリしてしまうのは必然。

いわゆる、出オチ。
f:id:rajaman:20191123130710j:plain


両足が終わり、背中へ。僕のお尻上に敷かれたタオルの上に騎乗。そのタオルが邪魔だと感じるのはリアル。

時に、指圧の時より感じていた事だが

密着感は、ほとんどない。
その密着の無さ。まるでアジアンエステのように、ひたすらマッサージのみを施されるという展開。

果たして、それでよいのか?

カエル脚 ★★★☆☆

f:id:rajaman:20191123131817p:plain

ノーガードによるカエル脚。下手すれば、ここで死ぬかもしれない。生死を分けるのは、愚息のポジショニング。

生きる為には、上を向くしかない。

セラピストの手が届かないセーフティエリア。お腹の下へと隠れてくれれば、楽にやり過ごす事ができる。

だが、現実は甘くない。

右膝を曲げると、愚息は右下を向いていた。それすなわ、バチバチな通り道。鼠径の真上。G線上のアリア。

完全にデンジャーゾーン。
f:id:rajaman:20191123131941p:plain


もちろん、セラピストはバチバチに当ててくる。
いや、当たる。

これは、危ない。
f:id:rajaman:20191123132040p:plain

上から覆い被さるように。下から突き上げてくるように。上下左右に振り回されるジョイスティック。

そしてたまに巻き起こる不自然な握り。

殺意の波動。

f:id:rajaman:20191123132419p:plain


しかし、そんなデンジャータイムもほどほどに終わる。命からがら生き残った愚息。だがそこには、溜まりに溜まった男を放出したいという欲望が生じていたのはリアルな話。

反対の脚を曲げてください。

セラピストからの指示を受けた刹那。

考えたのは、デッド・オア・アライブ。

f:id:rajaman:20191123132625p:plain

反対側のカエル脚。自然にやれば、愚息はそっぽを向く。
よって、セラピストからの攻撃が届かないセーフティエリアへと自然と収まる。絶対安全地帯への避難。そこに身を置けば、終戦まで生き残れる。


・・・それでいいのか?


そこには、快楽を求める欲求と死への恐怖で揺れる男の姿があった。

もっと、気持ちよくなりたい。しかし、これ以上の刺激は死ぬかもしれない。

ただ、けっこう死にたくもある。


全ては愚息の位置どりしだいで運命は決まる。



もはや、暴走状態に突入している愚息。

f:id:rajaman:20191123133104j:plain

ーだからこそ。


助けてあげられるのは、僕しかいない。


キミは、生きろ。



愚息にそっぽを向かせたまま反対の脚を曲げる。

これでいい。万が一ここで死んでしまっては、もともこもない。生きろ。生きてこそ、見えてくるものが必ずあるはずだ。

くっ・・・!

キッチリお腹の下に収納された愚息。セラピストの攻撃はもちろん掠りもしない。

やはり、この守りに入ったカエル脚は幾分快楽が減少する。

しかし、これでいい。その何もない鼠径部を流されながら僕は興奮の余韻に浸っていた。

四つん這い ★★★★☆

f:id:rajaman:20191123133514p:plain

2匹の邪龍。僕の股ぐらで楽しく踊る。

f:id:rajaman:20191123133451j:plain

ノーガードの四つん這い。セラピストは尻後ろにポジショニング。バチバチに晒される僕の洞穴。

この恥辱感。たまらん。
f:id:rajaman:20191123133540j:plain

両手でお尻をサワサワと焦らされ、スーっと鼠径へと流れてくる。

ピクッと反応する洞穴。

そして、その両手は2匹の龍となり僕のビーチクめがけてぎゅーんっと、伸びてくる。

そう、ダブルドラゴン。

キッチリと愚息を挟む。

しかし、その当たる部位に優しさを感じた。

そう。


根元だ。
f:id:rajaman:20191123134238j:plain

いわゆる、セーフティゾーン。いくらそこをバチバチに擦られたとしても死には至らない。

ビーチクをギュムッとやられ、2匹の龍は後退してくる。
すると、どうだろう?愚息の根元を挟まれたまま、後退していく。

こうなる。
f:id:rajaman:20191123140229p:plain

まるで、尻尾のように。人間も動物なんだと思わせてくれる。

しかしまあ、生殺し感が半端ない。
その本丸を、あえて回避しているような所作。なかなか不摂生なのに肝心要はノータッチというスペルマ感。

なんだか、怪しい雰囲気がしてきたぞ。

まさか。まさか、それはないよね?

そう・・・。

ギンギンで帰れ・・・!
f:id:rajaman:20191123140351j:plain

仰向けオイル ★★☆☆☆

f:id:rajaman:20191123140429p:plain

もはや、暴発寸な愚息。そりゃそうだ。相当詰られたんだから。

これは、結構リアルな話。

ここまできたら、スッキリしてフィニッシュです。って考えるのは必然の展開。

やはり、こんなしょうもない煩悩はその攻めの性質に起因していると思う。

時に、メンズエステにおいてギンギンになるはデフォルト。これは当たり前。
ただー。あからさまにビヨンビヨン弄ばれると、どうしても卑しく求めてしまうのは性としかいいようがなきこと。

まあ、ここまで露骨であれば・・・。

そう考えるのはリアル。

セラピストは体横に鎮座し、愚息スレッスレの鼠径を流してくる。しかし、その剥き出したブンブン丸にチョコンと触れてくる程度の焦らし感。

溜まるフラストレーション。

焦らしは極めた。もういいよ。

この感情に支配される。

そして、添い寝スタイルへ。
しかし、密着はない。絶妙な距離感。その開いた隙間が自然と不満足な感情を生む。
f:id:rajaman:20191123142255p:plain

添い寝の意味なす。

そこから、ビーチクをやや強めにチネられ鼠径・魂金をとてもマイルドに優しくイジイジされる。

そう、フワッと。
f:id:rajaman:20191123142630j:plain

そのフワリは、時折愚息にも訪れる。

触れているのか、触れていないのか、際どいフワリ。

これが、結構長い時間続く。

拷問。
f:id:rajaman:20191123143029p:plain


さすがに途中で気付くよね。このままいけば、ギンギンで帰るシナリオ。

ノーフィニッシュでモヤモヤです。


ここで、己との戦い。


言っちゃうか。

殺してください。

って。

バチバチに焦らされながらの葛藤。ふと、愚息に視線を移すとキッチリと辛抱汁を垂らしている。

f:id:rajaman:20191123143326p:plain

哀れな愚息を楽にしてあげたい。さすがに、このまま終わってしまえばマジでリアルにギンギンで帰らないといけない。そうなると、コメディでしかない。

もう、言うしかない。


あ、あの・・・


あ、お疲れ様です。



f:id:rajaman:20191123144453p:plain


ないわー。


まさかのこのタイミング。これは仕方がないことだ。受け入れるしかない。この現実を・・・。


ただ・・・。言わんくてよかった。

まとめ

f:id:rajaman:20191123144551j:plain

セラピスト ★★☆☆☆
いたたまれない気持ちになった。

指圧マッサージ ★★★★☆
天才だった。

うつ伏せオイル ★★☆☆☆
イマイチ・・・!

カエル脚 ★★★☆☆
バチバチ。結果論だが、ここで死んでもよかったか。

四つん這い ★★★★☆
2匹の龍は尻尾を与えてくれる。

仰向けオイル ★★☆☆☆
なぜ、最後に焦らすのか?

癒し ★★★
エロ ★★★★
密着 ★

トータル ★★★【45点】
f:id:rajaman:20191123145200j:plain


・・・このまま帰るのか?

f:id:rajaman:20191123151310p:plain

あれ、あの人ギンギンじゃんw

f:id:rajaman:20191123151424j:plain


お恥ずかしい限りだ。いい年したイケメンが愚息をギンギンにして歩く姿は不摂生以外何者でもない。

全てが終わり、ギンギンでシャワーを浴びギンギンで着衣しギンギンでセラピストと話す。

そんな状態を見かねてか、セラピストはある情報をリークしてくれた。


初回だと不殺なんです。次回オリジナルコースで入って頂ければ・・・。


 


よかったらまた・・・。


そっか!じゃあまたくるね!

 


ありがとうございます!


ははは・・・。


ははは・・・。


ははは・・・。



なんだそれ。
f:id:rajaman:20191123151723j:plain


果たして、それでリピートするやつなんかいるのかい?今回の内容で、結末までキッチリ解っていて再凸するなんて、相当な猛者だぞ。

ないわー。

とりあえず、日本人メンズエステへもう一回行かせてくれ・・・!

以上。

「東海エステ【裏】日報」。ここでは書けない濃ゆいネタを掲載してます。
rajamaniax.booth.pm

※現在メンズエステランキング上位継続中。いつもありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村

Twitterも、やってます( ・`д・´)フォロー・コメント待ってます。
twitter.com

個人的な雑記ブログ。エステとは関係ない内容。ラジャの日常を赤裸々に綴っています。
www.rajaman.life