東海エステ日報

東海エリアのメンズエステ・アジアンエステ情報発信ブログ

【アジアンエステ】佳欣~時代に取り残された「チャイエス」。あなたにもきっと5000円~【安城中国マッサージ】【★★】

どうも、ラジャです。

深夜。
f:id:rajaman:20191215080507j:plain

JR安城駅周辺。
辺りに人影はない。飲み屋や風俗店は軒並みシャッターを閉め、街は眠りについていた。

なぜ、僕がここにいるのかー?

答えは全てここにある。
f:id:rajaman:20191215080618j:plain

バチバチに輝く不摂生な光。
f:id:rajaman:20191215080704j:plain

その光に吸い寄せられるは、悲しき習性。
僕たちフリークスにとって、

エステに行くという行為は呼吸をすることと同じである。

まあ、久しぶりのアジアンエステ。

ついつい、愚息がフンワリしたのはリアルな話。

てへ。

お店

f:id:rajaman:20191215081723j:plain

佳欣

【ジャンル】アジアンエステ

【コース】アロマオイルパウダーコース Cコース90分
※パウダー・・・?

【料金】12000円

【セラピスト】「い」さん?「り」さん?「し」さん?
※聞き取れなくて、よくわからずw

突発的に生じたエステ欲。深夜の凸がリスキーなのは痛感している。

しかし、どうしても行きたいと。

なんかこう、無性に行きたいと。

で。

逝きたいと。
f:id:rajaman:20191215100529j:plain

そんな不摂生さでネットサーフィンしてみる。そして、片っ端からお店にTEL。実際、深夜といえども、ほぼほぼ朝方に近いような深いスタート。

だからこそ、たいがいやってないよね。

そんな中。唯一引っ掛かったのが今回のお店。

佳欣。

これ、なんて読むの?

 

わからん!w

電話口で「はい。○○です。」って言ってたが、見事に聞き取れなかったのはリアルな話。しかし、電話の対応が秀逸だった。手練れの受付姐。抜群の愛想。微笑み感じる艷声。上がる期待感。

うんうん。良店の予感。

セラピスト ★★★☆☆

f:id:rajaman:20191215082421j:plain

美人なのか・・・?いや、微妙だ。
お年はそれなり40代か?しかし、まあ愛想が抜群にいい。もう満面の笑み。

そして、よく分からないところで笑う。

この姐が、電話で対応してくれていたのは間違いない。
対応も、かなり手慣れており日本語もバチバチだ。

いわゆるベテランのB1選手。

スタイルは、悪くはない。しかしなんとも地味な衣装ゆえスタイルの良し悪しなど、どうでもよくなる。

だからこそ感じる、健康的な印象。

本格的な中国マッサージ店なのか。
f:id:rajaman:20191215082912j:plain

本当に女性歓迎な雰囲気。それすなわち、ノー不摂生。

アジアンエステのもう一つの姿。

しかし、やたらとある1つのコースを勧めてくる。それが、今回僕が凸したCコース。もちろん、断る理由は何もない。いや、むしろそんなにゴリ押しされれば何かしらの期待感が生じるのは必然であろう。

僕は、いつでも素直でいたい。

しかしー、不思議な事になんだか懐かしい気持ちになった。
ベテラン姐とのやり取り。お店の雰囲気。独特な「あの匂い」。久しぶりに帰ってきてしまったか。アジアンエステという不摂生な世界へ・・・。

施術前シャワー

f:id:rajaman:20191215083905j:plain

脚高ベッドが置かれた施術スペースで脱衣。
セラピストはこれみよがしに紙パンという相棒を紹介してくる。

丸まった相棒を広げてみる。

トランクスタイプ。
f:id:rajaman:20191215084039j:plain

このトランクスタイプ。アジアンエステの黎明期では、どこのお店でもコイツがいた。そこから「紙パン革命」が起こりこのトランクスタイプは歴史から姿を消していった・・・

はずだった。

まだ、生きていたのだ。

こんな片田舎のアジアンエステで。

ひっそりと。

時にこんな言葉を思い付く。

『トランクスタイプはフリークスを振り返らせる』

これまでのエステライフ。歴史と呼ぼう。こんな懐かしさに触れてしまえば、それを振り返ってしまうのは当然。そう、詰まっている。思い出が。この紙パンに。

そもそも当時の体験は濃いすぎるから。

ハサミでチョキチョキやられる事もあった。その後は、読者の想像にお任せしよう。

香ばしいんだよ・・・!

懐かしさを噛み締めつつ、相棒を装着。

この独特のスカスカな解放感。コイツだけが醸し出せる味を堪能する。

そして、シャワー室へ移動。
シャワーはキッチリ出してくれている。アジアンエステなのに珍しいなと思わせてくれたのは、偏見による差別でしかない。

ここで気づく。
f:id:rajaman:20191215084611j:plain

なぜ、僕はすでに紙パンを装着しているのか?

これは完全にフライングだった。あまりの感動についついってやつ。ふふふwと自身で笑いに昇華し、紙パンを脱ぎ捨て、シャワーを浴びる。

その弱い水圧のシャワーを浴び身を清める。この時、僕のご機嫌は最高に麗しかった。それは、ノスタルジーに浸ったがゆえに起こる感動だったのかもしれない。

さあ、行こう。思い出の欠片を拾いに。

うつ伏せオイル ★★☆☆☆

f:id:rajaman:20191215085009p:plain

足高ベッド。顔をあの穴にカポッとはめ込む。

初手。アジアンエステでは珍しい、いきなりオイルだった。背中にオイルを振りかけられ優しくも大胆にセラピストの手が滑り走る。

しかし、すぐに高圧による負荷がかかる。

これだよ。これこれ。

このゴリゴリすぎる高圧。もはや痛いくらいなマッサージに疲れた体は癒されていく。
ここで考えるに、やはり足高のベッドというものがマッサージのパフォーマンスを上げているのだろう。セラピストの力が一番込めやすい高さ。先人達の知恵に感動しつつ、そのハイパワーな施術に酔いしれる。

途中よりをけっこう多用してくる。
f:id:rajaman:20191215085422j:plain

この時、拳で抵抗する21才の方を思い出したのはここだけの話。流行ったのっていつ頃だっけ?と真剣に考えてしまい、無駄な思考エネルギーを使ってしまったことを未だに後悔している。

f:id:rajaman:20191215085846j:plain


で。

この初手オイルマッサージ。けっこう長い。そりゃそうだと。指圧をとっぱらってるんだから。そりゃオイルマッサージが長くなるのは当然の結果。

キッチリ飽きるよね・・・!
f:id:rajaman:20191215101347j:plain

さしずめ、それなりに気持ちよくても似たようなマッサージを長時間受け続ければ飽きる。

これは、完全に構成ミスだろう。
腕はあるのに、似たようなマッサージの繰り返し。

長い+単調=飽きる
f:id:rajaman:20191215090042j:plain

上半身のオイルだけでどんだけやんねん!

これ、リアルすぎる感想。

とにかく、ストレスが溜まった。

そして、この長い上半身への施術の終わりはセラピストの行動によって察する事が出来る。

トランクスタイプの紙パンの裾を・・・



でた!チョキチョキ?




捲り上げられる!w





残念でした!!!
f:id:rajaman:20191215090439p:plain



そう、トランクスからブリーフへとトランスフォーム。すなわち、鉄壁の防御力を得たことになる。
セラピストの差しから愚息を守る堅牢な砦の完成。

その状態で、片足ずつゆっくり丁寧にオイルマッサージを施されるという拷問が始まる。

これまた長いんだよ。

f:id:rajaman:20191215091102j:plain

気持ちいいは気持ちいいんだよ。実際、パワーダウンすることはないし、その腕前はプロだ。的確にツボを押し流しているし、キッチリ真剣にマッサージしてくれる。

もし、ここがただのマッサージ店なら上等だよ。

でもね。それって違うじゃん・・・?

やっぱりさ、エロもほしいわけよ。ドキドキしたいわけよ。ワクワクしながら待ちたいわけじゃん。ウホッ!っていう事件をさ。

もうね。健康的なマッサージはお腹いっぱい。

もう、そこはいい。満足してるから。

しかし、無情にも淡々と大真面目に施術を行ってくれる彼女。まあ救いは、深夜というリスキーな時間にも関わらず真摯にひたむきに頑張るセラピストに出会えたことだろう。

これは、強引に自身を納得される健全思考。

そんなこんなで、やっとお楽しみゾーンへと甘い差しが入る。

f:id:rajaman:20191215091249j:plain

長かった。

ここまでくるのに。
行こう。その向こう側へ・・・。
f:id:rajaman:20191215091603j:plain

やっぱ、ダメ・・・!
f:id:rajaman:20191215091824p:plain

鼠径へ食い込み丸まったトランクスの裾。その効果は絶大。セラピストの手が、鼠経へと直に触れる事をキッチリ遮断している。

そう・・・。差しなどあってないようなもの。

もちろん愚息へは届かない。ぶ厚い紙パン越しにグイグイ鼠経を圧してくるその手の動きは、まさにリンパマッサージ。これが本当のリンパマッサージ。リンパマッサージ中のリンパマッサージ。

エロさはまったく皆無。

まさに中国4000年。健康の秘訣はリンパにあり。

ここで、僕は悟る。
f:id:rajaman:20191215092444j:plain

このお店、ガチなやつ・・・!

尻へのマッサージも織り混ぜながら、僕は少なからず健康になっていった(と、思う)

蒸しタオルもってきます。

f:id:rajaman:20191215093327j:plain

そして、ホカホカの蒸しタオルを全身に掛けられそのままマッサージ。やはり、最初は激熱、後は激寒だった。

アジアンエステのあるあるね。

仰向けオイル ★★☆☆☆

f:id:rajaman:20191215093411j:plain

腕のマッサージ。アジアンエステ特有の指パッチンも、もれなくキッチリ。やっぱりこの腕のマッサージも長い。

しかし、悟りを開いた後だからか全てを受け入れていた僕がいた。やはり諦める事も時には必要だ。そうすることによって、気分は牛のように落ち着き素直にリアルを楽しむ事ができる。

ここで、ちょっと面白い事件が起こる。

フリークス乱入。
f:id:rajaman:20191215093456p:plain

この時、店内には僕をマッサージしているセラピストしかスタッフはいなかった(と、思う)。
入店音がティンポーンと響いた時。僕を施術していたセラピストは反射的に施術スペースから飛び出していった。

今からいける?

そんなフリークスのセリフがボンヤリと聞こえる。生憎、僕が入っていた施術スペースは待合室の隣。だからこそ、耳を澄まさなくてもその不摂生なやりとりは自然と僕の耳に侵入してくる。

まあ、聞きたくはないよねw

で。めちゃくちゃ交渉するフリークス。そのガジリっぷりに僕は心の中でエールを贈った。

しかし、折れないセラピスト。

カネが無いならある日に来てよ。

とビジネスな発言。えっwそこまでいうの?きついなーとか思いながら、フリークスがどう動くかに固唾を飲んだ。

そして、フリークス会心の一撃。

30分・・・!リンパだけ・・・!

なんということでしょう。すでにうつ伏せリンパを食らっている僕からすると、彼はチャレンジャーすぎる。教えてあげたかった。

やめとけ・・・!違うぞ・・・!

しかし、僕の心の声は届かない。

あーOKよw

これにて、そのフリークスとセラピスト間で契約成立。リンパのみ5000円という修羅凸。

すげえ、奴がいたもんだ・・。

やはり、フリークスとはこうでなくてはならない。己の理想を追い求め、泥水をすすりながらも前に進む。その彼の勇姿に僕は少しだけ勇気をもらった。

キミの骨は、僕が拾う・・・!

しかし、この話には続きがある。

セラピストが僕の元へ戻り腕へのマッサージが再開されると、フリークスは声を上げる。


おねえさーん!

はーいー?

おねえさんがマッサージしてくれないのー?

違うスタッフ対応しまーす

えー、おねえさんがよかったなー・・・

 


その言葉を最後に、フリークスは別セラピストと共に消えた。


友よ・・・!さようなら・・・!!!


とにもかくにも、あのフリークスはいろんな意味で死んだだろう。
だが、転んでもまた立ち上がればいい。いや、立ち上がらなくてもいい。転んでいても、見えてくる景色はあるのだから。


両腕のマッサージが終わると、セラピストは足元へポジショニング。これみよがしに、お楽しみエリアへオイルをふりかけてくる。

始まる。ラストジョブが。

・・・というか、腕以外のマッサージをカットされてやないか?

気のせいか?

ラストジョブ ★☆☆☆☆

f:id:rajaman:20191123143326p:plain

もはや、この★の数で全てを察する事が出来るだろう。
結論から言うと、ノーフィニッシュ。ブリーフタイプへとトランスフォームしたまま、愚息周りをグイグイこねくり回されるという悲しい結末。

たしかに、そのグイグイの性質上、接触はある。ちょっとだけど。

だからこそのストレス。

何もないなら当たらないでほしい。

そう思うわけだ。

その手つきにエロは一切存在しない。本当に偶然にたまたま当たってしまったというナチュラルな接触。しかも、最後の最後だと理解しているからこその不必要な接触。

とても、ラッキーエロだなんて思えない。

鼠径を流し、かるーく魂金にも紙パン越しに触れる。

いや、いらないよね。
f:id:rajaman:20191215094847j:plain

これまでにもチャンスなんていくらでもあったよね?なぜ、最後の最後でこんなにも頑張ってくるのか?

時に、このお店はノスタルジックに溢れている。
その事を決定ずけたのが、この最後の流れだ。

セラピストは鼠径をこねくり回しながら、こう言う。


延長する?30分5000円。


ないわー。


キッチリ断り、そのままお時間です。延長したら何があるのか?それは体験した者にしか分からない。

まあ、あのフリークスなら確実に知っているだろう。ある意味、延長しかしてないんだから。

ご冥福を願う。
f:id:rajaman:20191215095051p:plain

まとめ

セラピスト ★★★☆☆
ベテラン。笑顔が素敵。

うつ伏せオイル ★★☆☆☆
長い+単調=飽きる

仰向けオイル ★★☆☆☆
ほぼほぼ、腕。

ラストジョブ ★☆☆☆☆
5000イエン。

癒し ★★★
エロ ★
密着 ★

トータル ★★【30点】

ガチの中国マッサージ
f:id:rajaman:20191215095527j:plain

今は昔。こういうお店がどこにでもあった。
愛想が良くエロくないセラピスト。ダボダボのトランクスタイプ。延長への誘い。

その全てが、懐かしいからこそ少しだけ愛おしく感じてしまう。

時に、今となってはこういうタイプのお店は珍しくなってしまった。逆に狙って探す方が難しいんじゃないかとすら思ってしまう。やはり、時代に淘汰された結果なのだろう。

たしかにマッサージだけを見れば良店だ。

今回のセラピストさんは紛れもなくマッサージのスペシャリスト。その腕前、仕事への姿勢は素晴らしいものがある。しかし、圧倒的に足りていないものがある。

それは、エロだ。
f:id:rajaman:20191215095804j:plain

普通にマッサージを受けたいなら、そういうお店へ行く。なんのために割高な料金を支払っているのか、その意味を考えてほしいと切実に思う。

マッサージにより体が癒されるのなら

エロにより心が満たされる。

そんなアジアンエステ・セラピストに早く出会いたいものだ。


以上。


「東海エステ【裏】日報」。ここでは書けない濃ゆいネタを掲載してます。
rajamaniax.booth.pm

※現在メンズエステランキング上位継続中。いつもありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村

Twitterも、やってます( ・`д・´)フォロー・コメント待ってます。
twitter.com

個人的な雑記ブログ。エステとは関係ない内容。ラジャの日常を赤裸々に綴っています。
www.rajaman.life