東海エステ日報

東海エリアのメンズエステ・アジアンエステ情報発信ブログ

【あの激熱セラピスト】めぐりあいアジアンエステ~one more time one more chance~【★★★★★】

どうも、ラジャです。

もう会えないと思ったよ。

彼女にかけるはそんな言葉。


この再会は運命としか言い様がない。
f:id:rajaman:20200217154818j:plain


キッカケは、アジエスHP巡りだった。
f:id:rajaman:20200216124741p:plain

いつも通り、なにげなくチェックしていたアジアンエステのHP群。最近は、三河エリアに固執せず愛知県内ほぼほぼ全てのお店をチェックするようになっていた。

そして、あるセラピスト写真に目が止まる。
f:id:rajaman:20200216125459p:plain


ーこの子は!!!

そう、行方不明になっていた「激熱セラピスト」じゃなかろうか?
f:id:rajaman:20200215153606j:plain
www.este.fun

1度会ったら忘れられないその整った面。相武紗季を彷彿とされるその笑顔。顔の一部は例のスタンプで隠してあったが、その特徴的な大きな目は彼女しかいないと。

彼女の事は今でも鮮明に覚えている。こんな綺麗で可愛いセラピスト姐は、そうそういない。

その存在は、間違いなく

f:id:rajaman:20200216131831p:plain

そんな彼女が、そのHPのセラピスト写真でにこやかに笑っていた。

だが、本当にその子なのかい?

そう、それだ。

彼女と最初に出会ったのは岡崎だった。そんな不摂生エリアから遠く離れた名古屋で、彼女が働いているなんてそんなことある?な話。

似ているだけの別人かもしれない。

アジエスが仕掛けた罠かもしれない。

そんな不安はあれど、この好機に乗らないなんて愚の骨頂。

運命とは待つものではない。

迎えに行くものだ。

目次

お店

f:id:rajaman:20200215154604p:plain

【場所】名古屋市

【ジャンル】アジアンエステ

【料金】14000

【コース】90分

【タイプ】路面店

国道23号線を車で流す。だいぶ走ったような気がした。そのお店は交通量がそれなり多い道路脇でバチバチに看板を出して営業している。

もちろん、指名予約をキッチリとっていた。

そう、前日から。

僕にとって、アジアンエステで前日予約をとるなど稀中の稀なレアケース。

約束などあってないのがアジエスだからだ。
f:id:rajaman:20200215162211p:plain

しかし、今回ばかりは

人事を尽くして天命を待つスタイル。

やるべきことをキッチリやった上で

信じるしかなかった。

彼女の存在とは、それくらい大きい。

彼女に出会ってしまうと、そのへんのアジエス姐達のクオリティが霞むのは必然。

いや、日本人メンエスでも余裕で通用する。

対応、容姿、マッサージ技術、エロ・・・。全ての要素がSG級。そんな彼女に凸すべく、全力を尽くすのは当然のことだろう。

ぬかりはない。

予約電話

f:id:rajaman:20200216132535j:plain

受付姐は日本語堪能。愛想も良い熟練の猛者。
その安定感は限りなく期待を底上げしてくれた。まあ、今回のように前日予約が取れたのは、この受付姐の存在が大きい。

流れがキテいる。

予約がスンナリとれた時、僕は本能的にそう思った。

ここ最近、背中が煤けていたからこそだ。
f:id:rajaman:20200216134411j:plain

★★を連発からの

先日のアレ。

もはや、僕の気概は地の獄へと落ちていた。

ここで、復活するしかない。

セラピスト ★★★★★

f:id:rajaman:20200216164143p:plain

予約した時間通りにお店へ到着。

お店へ入ると、少し間を空け私服の老姐が登場。

彼女が案内婆だと、即座に察した。

いや、そう信じたのだ。

その婆がお目当てのセラピストでしたお涙パターンなど、起こりえるわけない。

流れはキテいるのだから。

受け付けスペースにて、コースを選び料金を支払う。

後生だ。
確認させてくれ。

ー君かい?君なのかい?

あー、違うよw


セーフ。

いや、必然だ。
f:id:rajaman:20200216125459p:plain


施術部屋へ移動。案内婆より、相棒を装着してうつ伏せで待ってるよう指示を受けた。

相棒はノーマル紺T。キッチリ食い込ませ、案内婆の指示通りうつ伏せにて待機。

施術前シャワーはない。

しかし、登場を待つ時の緊張感よ。
f:id:rajaman:20200216141215j:plain

この展開、彼女との再会をより感動的にする演出なのか。寸の寸まで焦らしてくる展開に僕のドキは高く鳴り響く。

部屋の外から聞こえてくる、案内婆と誰かの話し声。

そして、若さ溢れるフレッシュな笑い声を最後にその声は足音へと変わる。

迫りくる足音。

明かされる真実。

さあ、運命は如何に。


「ゴンゴン」と不粋なノックから



ガラッ!とガラスの引戸が開かれる。



f:id:rajaman:20200216141423j:plain



こんにちわー


!!!


また
f:id:rajaman:20200216141655j:plain


出会えた。
f:id:rajaman:20200216142428j:plain


でかくなったな小僧。

あっ!岡崎のお兄さん!!!

即で特定される嬉しき展開。嫌われるよりも忘れられるほうが辛いとはよく言ったものだ。

キッチリ覚えてくれて、嬉しかった・・・。

以前と比べて少しだけポチャってるようだが、それ以外は幾度と変化がない。

しかし、君は美しい。

ルックス ★★★★★ 美人
スタイル ★★★ ややぽっちゃりか
衣装   ★★★ 黒のドレス
推測年齢 20代中盤~
接客態度 愛想よく明るい
日本語  バチバチ話せる

うつ伏せ指圧 ★★★★☆

f:id:rajaman:20200216143302j:plain

タオル越しによる指圧からスタート。

なかなか強めの圧加減。このゴリゴリは極楽に浸らせてくれる。

当時、彼女が岡崎のアジエスで働いていた時も同様のパワープレイヤーだった。

何も変わっちゃいない。この半端じゃない圧。その体躯をいかんなく活かしたマッサージ。ツボまでキッチリ押さえてくれる。

そのゴリゴリ。その剛圧。

全身漏れなくキッチリと。

ひたむきに、一生懸命に、彼女のもてる全力を注ぎ込んでくれているように感じた。

そう、それだ。

彼女のマッサージには魂が宿っている。f:id:rajaman:20200216165254p:plain


そんな施術を受けていると思い出がフィードバックしてくる。やはり、それが我々フリークスの本質なんだろう。

自身の体で受けた施術、エロ、感動・・・。それは、かけがえのない思い出となり意識の奥底に眠っている。
その思い出が呼び起こされた時ノスタルジックに浸りつつも、万感の思いが沸き上がる。

それこそがプライスレス。

そして、会話もそれなり盛り上がった。

彼女が歩いたこれまでの軌跡を聞きながら、僕は無精にもうんうんと相づちを打ち続ける。興味がなかったわけではない。純にマッサージを堪能しつつ、彼女と過ごす時間に酔っていたのだ。

すると、彼女は言う。

お兄ちゃん、聞いてる!?

まあ、実際は話半分くらい。
しかし、物事をストレートにいう子だ。こういうところが、好きなんだよな。だからこそ、僕も包み隠さずその時思った事をストレートに発言させてもらった。

え?キミは可愛いね。

いや、全然聞いてないやんけw


彼女は、笑いながらバシッと僕の尻を叩く。場は笑顔に包まれ、そこには幸せが生まれていた。

うむ。良い時間だ。

うつ伏せオイル ★★★★☆

f:id:rajaman:20200216144941p:plain

タオルを剥かれ、オイルマッサージが始まる。

その手つきは指圧とはうってかわってしっぽりと。あの剛腕はなりを潜め、優しく全身を流される。

良い。

スベスベな彼女の手が僕の体を軽やかに滑る。

差しは浅い。

だが、僕は察していた。

その麗しき構成。
僕が記憶していた施術の展開。序盤~中盤にかけて、そのエロさは加減されている。

実力を発揮してくるのは、この後。

の、はずだが・・・。

正直、不安も少しあった。

そう、以前と違うお店・エリアであるということだ。

これ、けっこう影響すると勝手に思っている。

しかし、その後のカエル足で不安は払拭された。

カエル足 ★★★★☆

f:id:rajaman:20200216145408j:plain

足曲げてねー♪

 

闘いのゴングが鳴る。

スッと足を曲げるいなや
f:id:rajaman:20200216145540j:plain

カンチャンズッポシ。
f:id:rajaman:20200216150026j:plain

そうそう、それが欲しかったんだよね!と言わんばかりのドラ567(ゴロチ)。

おぅ・・・

思わず歓喜の吐息が漏れる。

手つきが明らかに艶っていた。エロを最大まで意識したその動き。魂金くゆらし、プリンプリンに転がし完全に仕上げてきていた。

その攻めは直接的ではない。握りはなく、掠めてブリンブリンにされる愚息。

あくまでも焦らし要素強めのポシズだ。

そうなると、鬼覚醒。
f:id:rajaman:20200216150351p:plain

逆足に移行するや、そのカンチャンズッポシは大物手に仕上がってくる。

その原因は好位置に座した愚息。

いわゆるCHINPOZI

もはやバチバチだった。

その所作や日本人メンエスを思い出させるような優しい焦らしからのバチバチな接触。丁寧にギンギンにしてくれる愛おしさ。

日本人メンエスとアジエスのコラボレーションとでも言っておこう。

いいとこどりのハイブリッド。f:id:rajaman:20200216151102p:plain


彼女の腕前は確実に成長していた。

腕をあげたなあ。おい。

泡洗体 ★★★☆☆

f:id:rajaman:20200216151359j:plain

泡とってくるね~♪

そう言いながら彼女は退出。

その退出直後。時の歩みが遅くなる。たかだか2、3分の待ちだったが体感だと10分くらいに感じた。
f:id:rajaman:20200216151442j:plain

その時の僕のメンタルは発情期の犬とでもいっておこう。
f:id:rajaman:20200216151732p:plain

「待て」の指示ほど辛いものはない。

しかし、初見のお店でこういう待ち時間はいらぬ期待を生み出すのは僕だけではないはずだ。本当に泡の準備だけだろうか?不摂生な準備をしてくるんじゃなかろうか?などと下卑た事を考えたことあるよね?

あるよね?

だが、現実は無情に。

洗面器に泡をコンモリと盛り、姐は笑顔で普通に戻ってきた。

だよねー。

背中から泡を盛られる。

その初手。

ふんわり温かい。

しかし、そのしたたかな温かさは数分後には極寒を生む。

泡の温度は一気に下がり、僕の体温を確実に奪っていく。

ささ、寒い。

これ、寒いよーw

そう、彼女からしたら

こういうこと。
f:id:rajaman:20200216152458j:plain

ただ、その泡をスーっと流す彼女の手さばきにひとときの安らぎをえた。これが、温かければ至高なのにとか考えつつ、全身を優しく洗われる。

そして、泡をタオルで拭き取られ

今日の「その時」へ。

こんばんみ。松平です。

仰向けスペシャル ★★★★★

f:id:rajaman:20200216152807p:plain

仰向け、ください♪

仰向けになるや

愚息はコンニチワ。
f:id:rajaman:20200216153311p:plain

しかし、先の泡により覚醒は解除されていた。

ちなみにこれは僕がEDだからではない。

その証拠に、即で仕上げられる。f:id:rajaman:20200216153529p:plain

覚醒は再び。

その再始動は電光石火の如く。

その握りや鮮やかに。流れるように。
羞恥を秘めた彼女の笑顔の奥にギラギラ輝く殺意の波動。


渾身の握り発動。
f:id:rajaman:20200216153708p:plain

濃厚にそのシゴキはエロを極める。

ヤバい。

いわゆるテンパイ後の即ヅモ。
久々の再会により、増大されたリビドーが呪いを加速させる。

だが、ここで死ぬわけには


死ぬわけには・・・




f:id:rajaman:20200217162854j:plain



f:id:rajaman:20200216154238j:plain



いや



まだだ!!!
f:id:rajaman:20200216154515j:plain







To be continued…
f:id:rajaman:20200216154530j:plain


rajamaniax.booth.pm



まとめ

f:id:rajaman:20200216154839j:plain

セラピスト ★★★★★
うつ伏せ指圧 ★★★★☆
うつ伏せオイル ★★★★☆
カエル足 ★★★★☆
泡洗体 ★★★☆☆
仰向けスペシャル ★★★★★

トータル
★★★★★【90点】


ラジャNo.1セラピスト姐。
f:id:rajaman:20200216160411p:plain

これは、個人的な評価でしか過ぎない。その人柄、容姿、技術、ラストのくだり。彼女と紡ぐ物語にズブズブになっているからこその「No.1」認定。

僕は、彼女が大好きだ。

間違いなくオキニスコ。

時に、周知の事実だと思うが僕は新規開拓メインで活動するフリークス。そこに設けているのが、いかに少ない情報で凸するかというマイルール。

だからこそ、「ないわー」を連発し残念な体験が多いわけだ。

無論、疲れる事が多い。

憧れるわけだ。オキニスコのお店へひたすら通い続けるという

もうひとつのエステライフを。

だが、それは今の僕にとっては時期尚早。

まだ、その時ではない。

今後も日本人メンエスで修行し、アジエスという狂気の戦場で

f:id:rajaman:20200216163219p:plain

だからこそ、本当に疲れて愛に餓えた時にだけ今回のお店・姐の元へ帰ろうと思う。

そう、帰るんだよ。


以上

「東海エステ【裏】日報」。ここでは書けない濃ゆいネタを掲載してます。
rajamaniax.booth.pm

※現在メンズエステランキング上位継続中。いつもありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村

Twitterも、やってます( ・`д・´)フォロー・コメント待ってます。
twitter.com

個人的な雑記ブログ。エステとは関係ない内容。ラジャの日常を赤裸々に綴っています。
www.rajaman.life